上映作家

土本 亜祐美

ゲスト作家。
プロフィール詳細はこちら

「ダチョウが去った日」「クレセン」上映


unciauncia  (costume art unit)

costume、directorを担当するartist juliaMと
空間、動きを担当するdancer イノキユミコからなるunitです。
「costumeは無接触のcommunicationに置き換えることが出来る」
をコンセプトに、juliaMのcostumeを基盤として空間や動きを利用してcostumeの在り方をperformanceを通して提案している。
開催場として、象の鼻テラス、表参道spiral、赤レンガ倉庫、池袋メトロポリタンプラザビル1階、などがある。

「line」「town」「ひめしゃら」「trip」「balance」上映


曳野真帆

http://www.hikino-maho.com/
2008年、同志社女子大学 情報メディア学科卒業
2010年、多摩美術大学院 メディア芸術コース 修士課程修了
2013年、NYに渡る。ビデオインスタレーション、ショートフィルム、アートプロジェクト等を制作。また2013年、NYをベースとした日本人アーティストグループ”ART BEASTIES”を立ち上げ、国内外で展覧会を開催するなど精力的に活動中。
(http://artbeasties.com/)

「多感な地上 at 兵庫県立美術館 ギャラリー棟」「MIRROR#5」「BIRD PROJECT step.1」「FLUIDICS 001」「where the wild things are」上映


神尾未歩

京都精華大学 芸術学部メディア造形学科 映像コース卒

在学時はアニメーションを中心に制作。
2016年に入ってからは、絵本・漫画制作を開始。
現在、フリーランスのデザイナー・イラストレーターとして活動中。
京都在住

twitter @miho_kamio

「Sink from the sink」「dump」上映


内藤日和

1989年大阪府出身。
大手前大学メディア芸術学部でアニメーションを学ぶ。
子どもと大人の感覚や視点を対比したユーモア、記憶や質感、鬱屈した気持ちを意識したアニメを中心に制作しており、現在はイラスト制作も行っている。

【受賞・入選歴】

・2011年 アニメーション神戸第17回デジタルクリエイターズ部門 最優秀賞
・2012年 MECアワード2012 入選
・2013年 シアターカフェ大解放祭 観客賞
ASK?フィルムフェスティバル 入選
Kisssh-Kissssssh映画祭 入選
第8回札幌国際短編映画祭 オフシアター上映作品 入選
TBS DigiCon6 Awards ×SPEC賞 二次選考ノミネート作品
・2014年 調布映画祭 奨励賞
・2015年 調布映画祭 入選
・2016年 芸術ran賞 8mini 映像部門 佳作

「merry merry」「ブレインアニメ」上映


平松 悠

東京出身。女子美術大学芸術学部デザイン学科卒業。
イラスト、アート、アニメーションを中心に様々な分野で活動中。
国内だけでなく、海外のイベントにも参加し活動の幅を広げている。

http://hiramatsuharuka.com/

「TAP TYPO」上映


横道逸太

1991年生まれ。
大学在学中に、アニメーションの素晴らしさに気づき独学でアニメーションを制作しはじめる。
専攻は美術史だが、昔から絵を描くことが好きだったので、最近はたまに絵を描いてツイッターに載せたりしている。
「星の本」は、大学の文化祭で上映するために制作した初めてのアニメーション作品。

「星の本」上映


高橋幸太郎

各種学校で映像を学び、現在はアニメーションを中心に活動。
オリジナルキャラクター「redcat」のぬいぐるみ・フィギュアなどを販売。

「Balack」「Swimming Shodo」「redcat short story 3」上映


teto3z

伝わる映像作品を創りたいと想っていますが
基本はクリエイターをサポートしたい制作担当です。

https://www.youtube.com/user/teto3z

「未完成『羽田りさ』」「ミルクティータイム『羽田りさ』」「シークレット映像」上映


Gimlet

ボカロPさまと組んで動画を製作しています。
動画は独学で模索しながらやっております。
3Dもよいですがイラストレーションで魅せる動画を目指して日々精進しています。

http://solid-unit.com/

「終わりと始まり」上映


絵空摩耶

1986年 北海道生まれ
2016年 京都造形芸術大学大学院芸術研究科 修了

「動く展」企画代表。
上映環境をはじめとした、主にアニメーションがつなぐ人・もの・地域の関係性を再構築し、コミュニケーション環境の拡張を目指す。

http://gara-kuta.net/

「催眠術」上映